• HUGMACHINE

    MOVIE CM TV PV PRODUCTION IN TOKYO

    HUGMACHINE CO., LTD.

    Tokyo office
    Postal code 164-0003 
    Unison Tower 803, Higashinakano 5-1-1, Nakano-ku, Tokyo, Japan
    TEL +81-3-6908-7804  
    FAX +81-3-6908-7805
    LINE ID hugmachinetokyo
    inoue@hug-machine.com
    Representative Director / Haruo Inoue

     

    CO PRODUCTION COMPANY
    KABUL : AFGHAN FILMS / ENGINEER Ahmed Latif

    PARIS : TOP ONE / YOICHI NAITO

     

    ハグマシーン有限会社
    東京都中野区東中野5-1-1 ユニゾンタワー803 MAP
    代表取締役 井上春生
    顧問弁護士 森直樹(LM法律事務所)
    スタッフ  白崎裕美子

     

    PAST & CURRENT Customer 
    TOHO CINEMAS / Fuji Television Network / NHK / NHK ENTERPRISES / BS ASAHI / DENTSU Y&R / HAKUHODO / DNP / ADK / DG COMMUNICATIONS / WOWOW / SKY PerfecTV / SHISEIDO / ORBIS / mobcast / IOC / AFGHAN FILMS / ALIANA FILMS / RADMANISH FILMS / BASEBALL MAGAZINE / BRAINS Network / Universal Music / Sony Music Entertainment Japan / EPIC Records Japan / DefSTAR Records / Shinnyo-en / KABUL Univ. / Hitotsubashi Univ. / Musashino Art Univ. / Sophia Univ. / Keisen Univ. / Tsurumi univ. / MOBBY DICK / NAKANO IRON WORKS

     

    CM Awards

    ・2001 SHISEIDO CM "Omotenashi no kuni kara Ver." Japan Advertisers Association Contest Bronze prize

    ・2006 Shampoo PV "TSUBAKI Spring declaration Ver." All Japan Radio & Television Commercial Confederation 46th CM FESTIVAL Campaign Special Award(SHISEIDO)

     

    About in English
    IMDB WIKI

    University, Film Festival Special Lecture(Lecturer, Panelist Haruo Inoue)

    ・"Film Making, with Some Vision, Mission, Strategy, Tactics" Faculty of Fine Arts, Kabul Univ. in Afghan 2006
    ・"Color Expression of the HD Digital Film Production" Panasonic AVC  pdf p20/110 2006
    ・"HD Digital Film Production for a Film Director " Digital Content Association of Japan 2007
    ・"Egypt Turkey Afghanistan Student Film Work Shop in Tokyo" Organizer The Japan Foundation 2009
    ・"An Educational Contribution of Adapting Film Making Method to Afghan" Afghanistan Film Festival 2008〜2010
    ・"The Co-Production Film Making in Afghan and Japan, and a Ripple Effect" The UN Univ. in Shibuya 2010

    ・"About the Film <The Musical Note and the Seaweed>" Sophia Univ. 2010
    ・"How to Make Zero Fund Future Film" UPLINK FILM LECTURE CLASS. 2011 
    ・"About the Film <The Musical Note and the Seaweed>" Tokyo Northern Lights Festival. 2012
    ・"About the Film <The Musical Note and the Seaweed>" Kokusai Bunri Gakuin 2013
    ・"About the Film <The Musical Note and the Seaweed>" Ritsumeikan Univ. 2013
    ・"How to Make the Zero Fund Future Film with a Strategy and Tactics" Musashino Art Univ. 2013

    ・"How to Make the Educational Film" Tenri Univ. 2010〜2015

     

    Journal, paper(Writer Haruo Inoue)

    ・"The Present Situation and Future of Film-Making in Afghanistan" Yokohama Student Film Festival 2005
    ・"HD Digital Film Production for a Film Director " Digital Content Association of Japan 2007

  • FILM DEMO REEL

    2017~2018 Shooting
    デモリール 第一弾の公開は終えました。 2016/10/1

    芥川賞作家作品2本を一本化 ※情報解禁前
    製作 HUGMACHINE 

    DEMO REEL 
    モデル 伊藤ナツキ 
    撮影 大嶋良教 J.S.C.(海猿/MOZU/麒麟の舌の記憶) 
    メイク 有路涼子

  • FILM TRAILER

    「幻を見るひと」 2017 Release
     

    trailer 第一弾の公開は終えました。 2016/10/1
    PCご利用の場合、BGでtrailerを見ることができます。

    詩人 吉増剛造(1939年〜)の最新CINEMA 

    日本藝術院会員、文化功労者
    制作 HUGMACHINE

    「日本を代表する先鋭的な詩人のひとりである吉増剛造。詩の朗読パフォーマンスの先駆者としても知られ、国内のみならず海外でも積極的に朗読ライブを行っています。また、詩という枠組みを超えて、写真、立体、映像など、複数のメディアを横断しながら精力的な創作にも取り組み、様々なアーティストとのコラボレーションも多数行うなど、文学の世界においては異端ともいえる先駆的な創作活動を60年代以降から今日に至るまで盛んに行っており、次世代にも大きな影響力をもっています。」©NADIFFより

  • FILM FESTIVAL

    「音符と昆布」脚本・監督

    "The Musical Note and the Seaweed"
    Screenplay/direction Haruo Inoue
    2008 The 2nd Chungmuro International Film Festival In Seoul

    正式招待作

    「音符と昆布」脚本・監督

    "The Musical Note and the Seaweed"
    Screenplay/direction Haruo Inoue

    2008 Pula Film Festival In Croatia

    正式招待作

    「The ROOTS」製作総指揮

    "The ROOTS" AFGAN JAPAN COLLABORATION MOVIE
    Executive Producer Haruo Inoue
    MUSIC by Shinichi Osawa

    2009 Afghan Documentary Film Festival

    正式招待作

    「The ROOTS」製作総指揮

    "The ROOTS" AFGAN JAPAN COLLABORATION MOVIE
    Executive Producer Haruo Inoue
    MUSIC by Shinichi Osawa

    2009 South Indian International Movie Awards

    オープニング作品

    「INOUE HARUO SELECTION CINEMUSICA」

    「チェリーパイ」「東京の嘘」「ホワイトメキシコ」「音符と昆布」

    "Cherry Pie" "TOKYO B SIDE" "White Mexico"

    "The Musical Note and the Seaweed"

    Haruo Inoue Movies Selection at Opening Celemony

    2008 LaLa Yokohama Film Festival in TOHO CINEMAS

    オープニング作品

    「INOUE HARUO SELECTION CINEMUSICA」

    「チェリーパイ」「東京の嘘」「ホワイトメキシコ」「音符と昆布」

    "Cherry Pie" "TOKYO B SIDE" "White Mexico"

    "The Musical Note and the Seaweed"

    2009 Haruo Inoue Movies Selection at SHIBUYA BOXX FILM FESTIVAL

    「飛脚と野武士」プロデューサー 脚本 監督

    "An express messenger and a wandering samurai "
    Executive Producer & Director Haruo Inoue
    16mm film KODAK

    1991 YUBARI INTERNATIONAL FANTASTIC FILM FESTIVAL

  • FILMS

    「案山子とラケット」

    "Scarecrow and Racket"  IMDB
    監督


    HOMEPAGE
    出演 平祐奈 大友花恋 小市慢太郎 

       関めぐみ 久保田磨希 佐藤正宏 

       齋藤隆成 駿河太郎 久松信美 

       斉木しげる 藤井さやか 星田英利

       草村礼子 柳葉敏郎
    主題歌 さだまさし

    撮影 小松高志
       (アヒルと鴨のコインロッカー

        ヒロイン失格 / フィッシュストーリー
        ゴールデンスランバー)
    配給 イオンエンタテインメント

    2015

     

    The release of DVD, Blu-ray is undecided.
    (up to Production Committee)

    「遠くの空」

    "The Distant Sky"  IMDB
    監督

     

    MOVIE WALKER
    出演 内山理名 キム・ウンス 黒田福美 

       山岸賢介 マイク・ハン 並樹史朗 

       水橋貴己 宇津宮雅代 

       小山田サユリ
    主題歌 ウラニーノ
    撮影 中村夏葉

       (過激派オペラ/アカシア

        幸せのスイッチ/三年身籠る) 
    配給 スタイルジャム

    2010
    DVD AMAZON
    SOUNDTRACK AMAZON

    「ROMANCES SANS PAROLES 無言歌」

    プロデューサー プランナー

    製作 HUGMACHINE

    PRESS
    出演 鈴木祥子(ミュージシャン)
    配給 UPLINK / HUGMACHINE

    2009
    DVD AMAZON

    ※写真家バービー山口氏による撮り下ろし写真(DVDブックレット)

    「音符と昆布」

    "The Musical Note and the Seaweed" IMDB
    脚本・監督

     

    MOVIE WALKER
    出演 池脇千鶴 市川由衣 石川伸一郎 

       島田律子 宇崎竜童
    主題歌 CHIXCHICKS
    撮影 中村夏葉

       (過激派オペラ/アカシア/

        幸せのスイッチ/三年身籠る)

    韓国チュンムロ国際映画祭招待作
    配給 EPICレコードジャパン
    2008
    DVD AMAZON
    Blu-ray AMAZON
    SOUNDTRACK AMAZON

    「WHITE MEXICO」

    IMDB
    脚本・監督

     

    MOVIE WALKER
    出演 大江千里 ティアラ はねゆり 

       篠原勝之 ブラザートム
    主題歌 Akeboshi
    撮影 木村重明(私立バカレア高校/東京の嘘)
    配給 EPICレコードジャパン

    2007
    DVD AMAZON
    Blu-ray AMAZON
    SOUNDTRACK AMAZON

    「東京の嘘」

    "TOKYO B SIDE" IMDB
    脚本・監督

     

    MOVIE WALKER
    出演 島田雅彦 岩田さゆり 菊池亜希子 

       JAI WEST 平山広行

       佐藤寛子 小山田サユリ
    主題歌 nangi
    配給 EPICレコードジャパン
    2007
    DVD AMAZON
    Blu-ray AMAZON
    SOUNDTRACK AMAZON

    「チェリーパイ」

    "CHERRY PIE" IMDB

    脚本・監督

     

    MOVIE WALKER
    出演 北川景子 江口のりこ 原田夏希 

       白井晃 肘井美佳 海東健 

       渋谷桃子 竹財輝之助 岡田浩暉
    主題歌 いきものがかり

    配給 EPICレコードジャパン
    2006
    DVD AMAZON
    Blu-ray AMAZON
    SOUNDTRACK AMAZON

    「bird call」

    IMDB

    脚本・監督

    MOVIE WALKER
    出演 鈴木えみ 奥田恵梨華 田中圭 

       辛島美登里 嶋田久作
    主題歌 辛島美登里
    配給 モブキャスト
    2006
    DVD AMAZON
    SOUNDTRACK AMAZON

    「ため息の理由」

    "Reason of the Sigh" IMDB
    脚本・監督

     

    MOVIE WALKER
    出演 加藤ローサ 斉藤和義 

       松田一沙 肘井美佳 松岡璃奈子
    主題歌 斎藤和義
    配給 モブキャスト
    2005
    DVD AMAZON
    SOUNDTRACK AMAZON

    Le Chasseur Zéro

    NOW ON PENDING
    Le Chasseur ZéroPascale Roze Prix Goncourt 1996
    PRE-Cooperation MK2 / TOPONE PARIS / CARGO FILMS

    design @otani taro HUGMACHINE partner

    「悲しいボーイフレンド」

    脚本協力 
    2009

     

    出演 寺脇康文 寺島咲 内山理名 ほか
    配給 エピックレコードジャパン

    「40歳問題」

    ライブ構成 

    2008

    「アゲイン 28年目の甲子園」

    "AGAIN"
    2011〜12年
    企画立案 

     

    「アゲイン」製作委員会
    出演 中井貴一 波瑠 和久井映見

       柳葉敏郎 太賀 門脇麦 

       西岡徳馬 西尾まり 安田顕 

       阿南健治
    配給 東映

    「飛脚と野武士」

    "AN EXPRESS MESSENGER AND A WANDERING SAKURAI"

    1991年

    製作 脚本 監督 井上春生
    協力 東映京都撮影所 IMAGICA 

        JAC 岸本乗馬クラブ
    Executive Producer & Director Haruo Inoue
    23minutes 16mm film KODAK

    1991 YUBARI INTERNATIONAL FANTASTIC FILM FESTIVAL

  • 2016~17 WORKS

    HARUO INOUE
    IMDB WIKI MOVIE WALKER TWITTER

    MOVIE

     

    2017~2018 FILMING
    NOW ON FUNDING, WRITING
    製作 HUGMACHINE
    原作(芥川賞作家)
    ※情報解禁前

    MOVIE

     

    「幻を見るひと」
    出演 吉増剛造(詩人)
    2017年秋公開予定
    制作 HUGMACHINE
    POSTPRODUCTION
    RED ONE
    SONY NEX-FS700JK

    NHK

    8K SUPER HI-VISION
     

    2016/3「千体仏の小宇宙
        〜京都三十三間堂」
    RED WEAPON 8K 試験撮影

    NHK & 九州国立博物館

    8K SUPER HI-VISION

     

    2015/8「神宿る島 沖ノ島」
    SONY PMW-F65 8K

    TV

    スカパー!529CH


    「幻を見るひと、春。

    (H/30分番組)」
    出演 吉増剛造(詩人)
    制作 HUGMACHINE
    SONY PMW-FS7
    2016/9 POSTPRODUCTION

    TV

    スカパー!529CH


    「幻を見るひと、夏。

    (H/30分番組)」
    出演 吉増剛造(詩人)
    制作 HUGMACHINE
    SONY PMW-FS7
    2016/9 POSTPRODUCTION

    TV

    スカパー!529CH


    「幻を見るひと、秋。

    (H/30分番組)」
    出演 吉増剛造(詩人)
    制作 HUGMACHINE
    SONY PMW-FS7

    2016/11 POSTPRODUCTION

    TV

    スカパー!529CH


    「幻を見るひと、冬。

    (H/30分番組)」
    出演 吉増剛造(詩人)
    制作 HUGMACHINE
    SONY PMW-FS7

    2016/11 POSTPRODUCTION

    INFO CM

     

    雪印メグミルク
    「毎日骨ケアMBP」

    監督

    2016/8 FILMING

    TV 
    スカパー! 529CH

     

    「風になる日
     (友心/30分番組)」
    出演 和合亮一(詩人)
    制作 HUGMACHINE
    SONY PMW-FS7
    2016/8 FILMING

    TV 
    スカパー! 529CH

     

    「埋もれる故郷
     (友心/30分番組)」
    出演 柳美里(小説家/劇作家)
    制作 HUGMACHINE
    SONY PMW-FS7
    2016/8 FILMING
     

    CM 

     

    「弱虫ペダル×チーバくん」
    STORY BOARD PLANNER
    2016/6 EDITING

    TV 
    スカパー! 529CH

     

    「食・言・景 野趣と品格
     (アッシュ/30分番組)」
    出演 石田瑞穂(詩人)
       石田みゆ(翻訳家)

       宮澤政人(料理人)
    演出 赤塚敏史
    制作 HUGMACHINE
    SONY NEX-FS700JK
    2016/3 FILMING

    TV 
    スカパー! 529CH

     

    「古都の幻視
     (アッシュ/30分番組)」
    出演 水原紫苑(歌人)
    制作 HUGMACHINE
    SONY NEX-FS700JK
    2016/4 FILMING

    TV 
    スカパー! 529CH

     

    「はつゆきや。
     (アッシュ/30分番組)」
    出演 高柳克弘(俳人)

       神野紗希(俳人)
    演出 山下つぼみ
    制作 HUGMACHINE
    SONY NEX-FS700JK
    2016/1 FILMING

    BEFORE 2016
    WORKS SAMPLE BELOW

    MOVIE

    NOW ON PENDING
    Le Chasseur Zéro

    Pascale Roze
    Prix Goncourt 1996
    Jean-Jacques Beineix


    イラスト@大谷太郎

    BRAND CM

    ディシラ
    CD 中尾良宣
    DIR PL 井上春生
    NA 山咲千里
    制作 トゥインクル

    BRAND CM

    SHISEIDO

    「おもてなしの国から。」篇

    CD 中尾良宣
    LP 加藤智一
    DIR PL 井上春生
    NA 宇崎竜童
    制作 トゥインクル

     

    BRAND CM

    SHISEIDO

    「安心安全」篇
    CD 中尾良宣
    LP 加藤智一
    DIR PL 井上春生
    NA 小泉今日子

    制作 トゥインクル

    CM

    ケサランパサラン
    クリーミィ クレンジング バー
    CD 井上春生
    制作 アミューズ

    PV

    SHISEIDO

    「日本の女性は美しい」

    TSUBAKI
    CD 中尾良宣
    LP 加藤智一
    DIR 井上春生
    制作 トゥインクル

    PV

    SHISEIDO
    「Year end party」

    CD 中尾良宣
    LP 加藤智一
    DIR 井上春生

    制作 トゥインクル

    CM

    コスメティック

    DIR 井上春生

    出演 真矢みき 
    制作 ドアーズ

    CM

    復興書店
    出演 佐伯日菜子

    構成 島田雅彦

    演出 井上春生
    制作 HUGMACHINE
    表現の寄付による東日本大震災後の活動

    ティーザー

    フジテレビ
    「2000年の恋」
    監督 井上春生
    撮影 篠田昇
     

    INFO CM

    武蔵野美術大学
    監督 井上春生
    アニメーション 大谷太郎

    制作 HUGMACHINE

    PV

    「武蔵野美術大学」
    監督 井上春生

    制作 HUGMACHINE

    EXHIBITION

    World Exposition, Aichi, Japan

    SONY Pavilion
    MEGA VISION
    "10m×50m SCREEN"
    "A Laser Dream Theatre Performed by GxL Technology"

    愛・地球博 
    600万画素の大迫力・高精細映像「未来の子どもたちへ」
    UK, ICELAND, JAPAN AREA DIR 
    制作 SONY PCL

     

     

    TV

    スカパー!(vaionettv)
    「昭和モダーン住宅デジタル図鑑」
    構成・演出 井上春生

    聴竹居・藤井厚二作
    浦邸・吉阪隆正作

    菊竹自邸・菊竹清訓作

    清家清自邸・清家清作

    土浦亀城自邸・土浦亀城作

    東自邸・東孝光作

    日向別邸・ブルーノタウト作

    ほか

    TV

    WOWOW
    "A ROAD TO LONDON"
    ロンドン五輪を目指す

    女子アスリートのShortFilm

    Flowers
    総合演出 井上春生

    TV

    フジテレビ
    ワーズワースの冒険
    構成・演出 井上春生
    出演 鹿賀丈史 東山紀之
       山咲千里 高橋由美子

       川合千春 熊谷真美 ほか

     

    TV

    NHK
    ドラマ
    80年後のKENJI〜黄いろのトマト〜
    原作 宮沢賢治

    脚本・監督 井上春生

    出演 竹財輝之助 我妻三輪子 
    ほか

     

    MUSIC PV

    TOHO CINEMAS
    近藤晃央らへん
    キャスト 広瀬アリス
    監督 井上春生
    ソニー・ミュージックレーベルズ
    Ariola Japan

    TV

    NHK

    クラシックミステリー
    名曲探偵アマデウス
    演出 井上春生

    出演 筧利夫 黒川芽以

       斉藤由貴 鈴木砂羽 

       須藤理彩 鈴木浩介

       市川実和子 宇津宮雅代

       美保純 羽場裕一

       松永京子 広岡由里子

       温水洋一 江波杏子 

    MUSIC PV

    いとうかなこ「パズル」
    監督 井上春生

    5pb.Records

    MUSIC PV

    斉藤和義「ため息の理由」
    キャスト 加藤ローサ
    監督 井上春生

    ビクターエンタテインメント

    MUSIC PV

    いきものがかり「二輪花」
    キャスト 北川景子
    監督 井上春生

    EPICレコードジャパン

    MUSIC PV

    辛島美登里「bird call」
    キャスト 鈴木えみ
    監督 井上春生
    ユニバーサル ミュージック

    MUSIC PV

    nangi「運命」
    キャスト 島田雅彦 岩田さゆり 

         菊池亜希子
    監督 井上春生
    EPICレコードジャパン

    MUSIC PV

    Akeboshi「Along the Line-WHITE MEXICO version-」
    キャスト 大江千里 ティアラ
    監督 井上春生 

    EPICレコードジャパン

    TV

    テレビ朝日

    「都のかほりスペシャル」
    演出 井上春生

    TV

    テレビ東京

    「新・美に生きる」
    (アーティストの鏡像)
    演出 井上春生
    出演 新宮晋 坂本直昭
       桜井孝身 佐藤時啓
       元永定正 土屋公雄

    TV

    テレビ東京
    30分ドラマ
    「恋、した。〜シンデレラは二度ベルを鳴らす〜」
    脚本 佐藤信介

    演出 井上春生
    出演 田口トモロヲ ちはる

    TV

    NHKBS
    HDスペシャル

    『世紀を刻んだ歌』
    「明日に架ける橋~賛美歌になった愛の歌」
    9.11で放送禁止になった歌の行方をアメリカ・英国・南アに追う
    構成・演出 井上春生

    出演 緒川たまき
       Larry Knechtel
       ほか

    TV

    NHKBS
    HDスペシャル

    ドキュメントドラマ
    「満漢全席」
    構成・演出 井上春生

    出演 佐伯日菜子 津田寛治

       無錫撮影所演技部 ほか

    TV

    NHKBS

    HDスペシャル
    「碓氷峠と美しい村」
    構成・演出 井上春生

    出演 遠山景織子 ほか

    TV

    フジテレビ
    「B-wave」

    構成・演出 井上春生
    出演 中嶋朋子 大杉漣 

       伊達公子 増田明美

       はな  林まや 真行寺君枝

       片山右京 ルクプル 

       東儀秀樹 おーなり由子 

       山咲千里 今井雅之
       鈴木重子 三枝成彰 

    TV

    フジテレビ
    「お葬式の心得」
    脚本・演出 井上春生
    ショートフィルムドラマ

    100秒×5本連続

  • CO PRODUCTION FILMS

    Executive Producer

    KABUL TRIANGLE

    フライヤー表

    カブール大学芸術学科との協働作品
    30分作品3本のオムニバス映画

    「生計を立てる人々」
    ムハバル・アフバル・サラム監督
    「刻の中の女性」
    ムサ・ラドマニッシュ監督
    「偽装結婚の果て」
    A.F.ザダ監督

    THE ROOTS

    フライヤー表

    アフガンフィルムとの協働作品
    監督:アーマディ・ラティフ
    音楽:大沢伸一
    南インド国際映画祭正式招待2009
    カブール国際映画祭正式招待2009

  • MUSIC FOR FILMS

    thanx to ©g_girl

    "THE ROOTS" COMPOSER
    THEME MUSIC BY SHINICHI OSAWA

    NHK 8K CONTENTS "SANJUSANGENDO" COMPOSER
    BY JUNICHI MATSUMOTO

  • TEXT

    映画「遠くの空」パンフレット寄稿 島田雅彦氏(作家)2010

     彼女はアンチゴネーか?

     内山理名演じる松木美江とキム・ウンス演じる柳さんが互いに惹かれあうものを感じながら散歩するのは、東京都内の某所の私にも見覚えのある通りだったり、土手だったり、交差点だったりするのだが、それらの風景はモザイク状に編集されているせいか、見知らぬ街に迷い込んだ気がする。あるいはよそ者の目で東京を眺めている感じがする。

     長らく東京に暮らしている身であっても、よそ者感は容易には拭い去れない。何しろ東京はソウルやニューヨークとも同様、一度共同体から離脱した人々がそれぞれの都合で寄り添って暮らす都市だから、隣人同士を結び付ける縁などありはしない。互いによそ者同士であることを認め、そこから共感を育むしかない。それが時にサッカーのサポーターであり、行きつけの店の顔なじみであり、同じ会社の上司と部下だったりするわけだ。

     都心には出会いの場なら、いくらでもありそうなものだが、案外、人々の行動範囲は狭く、住み分けがなされているので、内輪の出会いに終始し、他人同士の関係は生まれにくいのが、現実だ。今夜も孤独なよそ者同士が居酒屋で、駅で、繁華街で無数のニアミスを重ねる。広い東京では運命の糸を手繰り寄せるのは至難の業だ。けれども、人間の本能はしばしば、あり得ない確率の出会いを手繰り寄せる。

     美江は年下の彼氏がいるアラサ―の女。女子が真の大人になるのは、自分が歴史に関わりがあることに気付いた時だ。歴史とは無関係と思っているあいだは、人はみな子どもなのである。歴史や過去への関心は、年長者への関心でもある。三十路の女は男を背中で見るようになる。目に見えない何かを背負っている男に惹かれることもある。大抵の場合、年長の男は自分の過去に対しては口が重いか、話すほどの過去を持っていないか、どちらかである。前者の場合はおそらく、罪悪感や挫折感を引きずっていて、下手につつくと、過去の傷口が開く。触らぬ神に祟りなしなのだが、それでは年長者と年少者の交流を通じて行われるべき歴史や過去のリレーは行われないことになる。歴史や過去に関わりを持てる者は幸いであるが、親子でも、師弟でも、上司と部下の関係でも、なかなか歴史のリレーは生じない。互いのバリアを外す何らかのきっかけがないと、親子であっても、人は容易には心を開かないものだからだ。

     「弱肉強食の醍醐味は仲間と一緒だということ」柳さんが呟くコトバが美江の琴線に触れる。もっと話を聞きたいという思いは恋かもしれないと彼女は思う。恋をすると、互いの来歴が気になる。恋は必然的に人を歴史や過去に向かわせるものなのかもしれない。

     柳さんの口から、一九八〇年光州事件と当時の彼の恋の顛末が語られる。美江はその事件が自分にも深い関わりがあったことに気付く。三十年前の政治的な事件を背景に、一人の男と一人の女が出会い、別れる。葬り去られたはずの恋だったが、女は密かに娘を生んでいた。そして、その娘はそうとは知らぬままに偶然に自分の父親と出会い、恋に落ちてしまった。

     もし、この恋を全うすれば、美江は『オイディプス王』の轍を踏んでしまう。彼女は父と母を再会させ、和解を取り持とうとする。父に失恋した娘の悲しみが、なぜか私にも伝わってきた。いや、彼女にはまだオイディプスの娘アンチゴネーの仕事が残っている。彼女は盲目の父の目となり、父がなずべき仕事の手引をすることになっている。

    映画「東京の嘘」パンフレット寄稿 名越康文氏(精神科医)2009

     「東京の嘘」は人間が社会的存在として、一貫した自己を演出する以前の本来的な"気まぐれさ"と”執念深さ"というものが画面から溢れてくるような作品だと思った。なぜ気まぐれに見えるか。ここに出てくる全ての人間が何かなぜか素直だからだ。実はストーリーは非常に明瞭だ。教授である瀬尾の「退屈さ」はある意味で存在論的な不快感として、そのまま残されてはいるが、ほかの登場人物については明瞭な動機がある。ただそれをあえてストーリーを解体し、コラージュし、モンタージュして浮き上がらせる手法をとり、且つ演技者たちにまるで過去からの連続性を断ち切るような演技をさせることで、社会的な仮面を取り去った後の人間のおそるべき気まぐれさと、その裏にある萎えることのない執念深さをフィルム上に刻みつけることに成功している。同時に「退屈」=「狂気の一歩手前」という臨場感を常に各々の場面に与え続け、そののっぴきならない状態から自己の中に出現する新たな別の層への飛躍を望んだ一人の少女が瀬尾という出窓を選んだ、という展開を施す。

     さらに映像は、気まぐれな行動の中にこそ、その人の本来求めている一番内側の欲求が隠されているという分析的テーゼをも大枠で押さえつつ、我々を新しい感覚世界へと誘おうとする。一見矛盾しているかのように見える少女と白バイ警官とのと結末も然りで、日常の様々な気まぐれやその場限りの感情や思いつきに人間の根源的な欲求が隠されており、逆に言うと社会においての埒内において、明瞭に見える行動や認証し受け取れる行動というのはそのほとんどが退屈しのぎなのかもしれない。なぜ凌いでいるか。人と人とがなにか破滅に直結するような暗い欲望を後手に持っている存在なのだということを、もしもネイキッドに見せた場合、人と人とは恐れ合いすぎて相手を自分と同じ人間だとは認めあえないからだ。

     故にさまざまな「嘘」で己を武装し小さな日常をやり過ごしていく。

     しかし、この映像の中では、ストーリーの枠組み、行動の動機などは分かりやすく、シンプルであるのに、その断片を取り上げてみると、人間はこんなにも蛇のように執着心があり、一方ではこんなにも衝動的であり、断片化した人生を生きているのかということがひりひりするほど伝わってくる。内面の吐露という真っ赤な偽物の"真の動機"あるいは心の闇の解明なしに、人間のそういった存在論を展開したというところが、この映画のすごくユニークな点なのだと思う。

     今は、はっきりと結論がつくものを出せば必ず将来崩壊の憂き目にあう時代だと思う。激変している時代の中で、それは悪くなっていくか良くなっていくかということを問うことさえできないくらい濁流になっている。故に今の時代を定型化して切ることは、数年を待たずして色褪せてしまう。そういう意味で、この斬新な映画を撮られた井上監督はラディカルな人であり、同時に非常に慎重な人間だと感じた。

     今さらだが、人の欲望というのは、その人自身にはうまく言語化できないことが往々にしてある。他者や物やセラピストをスルーすることで、初めてそれが、あたかも元からそこに据えられていたかのように感得される。しかし、そのときはすでに、自分の中に発見したものなのか、あるいは外部からもたらされたものなのか実のところ分かりはしないのだ。だがそれは最も深い、その人がまさに自分を捧げるべき欲求であったりする。この映画全体を通して言えることは、最も毒性をはらんでいる言葉だが「人はなにかに献じられることで、主体化する」ということ。言葉の上では相反しているが、何かに献じられることによって、初めて主体としての実感を得るということが、この映画からひしひしと得られる感覚だ。しかし、"献じられる"ということは"捧げる"ことであって、自己に酔っているということ。捧げられる自分という状態が、恒常的に続くことによるある胡散臭さ、不快感もまた持っていなくてはいけない。その中で、絶えず自分を破壊し再生し続けるぐらいの強い不快感というものを自分に持っている人間でないと、この言葉の奥に潜む毒におそらく瞬時にやられてしまうだろう。

    アフガニスタン映画祭を主宰する監督のリリカルな新作「音符と昆布」2008
    Variety Japan

     今年、3回目のアフガニスタン映画祭を開催しようとしている映画監督・井上春生の新作「音符と昆布」が公開中だ。

     深作欣二の助監督を務め、映画、CMの演出家として、映画祭のオーガナイザーとして、日本・アフガニスタンの合作映画「THE ROOTS」のプロデューサーとして活躍する彼の新作は予想に反してかなりリリカル。

     「音符と昆布」は、エピックレコードが、音楽プロモーションを映画という形で表現しようと始めた映画プロジェクト<CineMUsica>の一本。「チェリーパイ」「東京の嘘」「WHITE MEXICO」に続く第4弾となる。井上はこのプロジェクトに、脚本監督として立ち上げから関わった。「クリエイティブに無駄な外圧がかかることなく、文化小立国的なアイデンティティを持つことができた」というこのプロジェクトでは、「ノキアのフィンランドやアニメのチェコのように、グローバリズムに左右され屋台骨が折れることを危惧する必要がなかった」という。「音符と昆布」の井上監督に、新作とアフガニスタン映画について聞く。

     映画「音符と昆布」は、人の気持ちを推し量るのが苦手なアスペルガー症候群である姉のかりん、臭覚障害のある妹ももの物語。自分自身持て余す思いを交わらせたため、不協和音を生じさせる二人。だが、その不協和音こそが外から新しい風を呼ぶ突破口だったことに気づき、彼女たちは成長していく。その姉妹を、池脇千鶴と市川由衣が静かに演じる。「最後に癒しという言葉が通用しないとき、ヒトは力強く生きるしかないんだということを、池脇さん、市川さん演じる健気な姉妹が教えてくれたように思います」と井上監督。

     一方のアフガニスタン映画祭。インドやイランという映画大国に挟まれたアフガニスタンが、10.7にアフガン空爆があった事実は覚えられていないように、世界の脳裏から切り離されやすいアフガニスタンという国の現状を映画というツールはダイレクトに伝えてくれます」と井上はいう。

     「25年も紛争が続くアフガニスタンは、いまだ揺れている国です。この国の映画について知る人は日本にはほとんどいませんが、娯楽を一切否定したタリバン政権時代以外は撮影所も稼働していました。そのタリバン政権が崩壊してわずか2年の2003年、カンヌで新人監督賞(カメラドール)をとった「アフガン零年」では、少女が生き延びるために髪を切り少年になります。見る人の心をわしづかみにするわかりやすい内容です。重要なのはそういう題材を叙事詩として成立させてしまうという明確なビジョンで、映画を商業としてだけではなく、文化としてとらえることのできる作り手たちが、すでに存在している事実です」。

     現在、井上はハイビジョンのデジタル技術を供与して日本・アフガニスタン映画「THE ROOTS」を製作総指揮している。だが機材の面などで優れた技術をもつ日本とアフガニスタン、「究極のところどちらが豊かなのかわからない」という。

     井上監督は物事のとらえかたは多様であるべきだと作品から語る。アスペルガー症候群のかりんにとって音符(街灯を音符に見立てたポラロイド写真)は他の人と異なる意味合いをもつ。音楽を語るというものより、彼女の方程式に則って規則正しく並んでいるべきもの。その他人との違いをこそ、井上は肯定する。

     「同じモノを見ても、人は自分と同じ見方をしていません。人と異なった考え方をしても良いし、自分なりの視点をもつことは素晴らしいことです。誰しも彼女たちと同じように個性的でユニークな面があるはずです。そうした個性の相互理解を、この映画では行方不明の一枚の音符(写真)に託しました」。リリカルな「音符と昆布」と、アフガニスタン映画は、"多様な視点"というテーマでつながっていた。

  • ORGANIZER

    Executive Producer

    ららヨコハマ映画祭

    フライヤー表 井上作品4本上映 招待

    2008

    ららヨコハマ映画祭

    フライヤー裏 井上作品4本上映 招待

    2008

    アフガニスタン映画祭

    フライヤー表

    協力 アフガンフィルム
    2005

    アフガニスタン映画祭

    フライヤー裏

    MENU:PRESSに拡大版

    第二回アフガニスタン映画祭

    フライヤー表

    協力 アフガンフィルム カブール大学

    2007

    第二回アフガニスタン映画祭

    フライヤー裏

    MENU:PRESSに拡大版

    アフガニスタン短編映画祭

    フライヤー表

    協力 アフガンフィルム アップリンク
    2009

    アフガニスタン短編映画祭

    フライヤー裏

    MENU:PRESSに拡大版

    中東アジア学生映画製作

    プロデューサー

    協力 アフガンフィルム アップリンク
    2010
    MENU:PRESSに拡大版

    東北モバイルシアター

    2011

  • PORSCHE 2017 WEC

    PRIVATE TEST

    8K SHOOTING

    At Circuit Paul Ricard
    PD Haruo Inoue
    23. March 2017

    HUGMACHINE
    NHKBS1

    PORSCHE 2017 WEC

    PRIVATE TEST

    8K SHOOTING

    8K RED HELIUM
    23. March 2017
    PD Haruo Inoue

    HUGMACHINE
    NHKBS1

    TOYOTA WEC

    Prologue 2017

    8K SHOOTING

    With Kamui Kobayashi, Kazuki Nakajima and Yuji Kunimoto. TOYOTA TS050 Drivers
    PD Haruo Inoue

    1. April 2017

    HUGMACHINE

    NHKBS1

    TV PROGRAM "H"

    SHOOTING

    woman poet Shion Mizuhara
    PD Haruo Inoue
    7. April 2017
    HUGMACHINE

    SKY PerfecTV!

    TV PROGRAM "H"

    SHOOTING

    haiku poet Katsuhiro Takayanagi, Saki Kono
    P Haruo Inoue

    D Toshifumi Akatsuka
    10. April 2017
    HUGMACHINE

    SKY PerfecTV!

  • TW